忍者ブログ

T.オースチンスパークス著、『霊的視力』より、


第三章 「主を見ることと自分自身を見ること」 より


ユダの民はみな、十六歳だったウジヤを立てて、その父アマツヤの代わりに王とした。彼は、王がその父祖と共に眠った後、エラテを建設し、それをユダに復帰させた。

統治を始めた時、ウジヤは十六歳であった。彼はエルサレムで五十二年間治めた。彼の母の名はエコルヤといい、エルサレムの出であった。彼はすべて父アマツヤが行った通りに、エホバの目にかなうことを行った。彼は神の幻を理解していたゼカリヤの存命中は、神を求めるように努めた。彼がエホバを求めている間、神は彼を栄えさせた。(II歴代誌26:1-5)


しかし、彼が強くなると、彼の心は高ぶり、堕落したことを行った。彼は彼の神、エホバに対して違反を犯した。

彼はエホバの神殿に入り、香の祭壇で香をたこうとした。祭司アザルヤはエホバの勇敢な祭司八十人と共に後から入り、ウジヤ王の前に立ちはだかって言った、「ウジヤよ、エホバに香をたくのはあなたのすることではありません。香をたくのは、聖別された祭司たち、アロンの子孫たちです聖所から出て下さい。あなたは違反を犯したからです。神であるエホバの誉れはあなたには与えられません」。

ウジヤは怒り、手に香炉を取って香をたこうとした。彼が祭司たちに対して怒っているとき、その祭司たちの前、エホバの家の中、香の祭壇のかたわらで、彼のひたいにらい病が現れた。祭司長アザルヤと祭司たち全員が彼の方を見ると、見よ、彼のひたいはらい病に冒されていた。彼らは急いで彼をそこから追い出した。彼も自分から急いで出て行った。エホバが彼を打たれたからである。

ウジヤ王は死ぬ日までらい病に冒されていたので、らいを病む者として隔離された家に住んだ。彼はエホバの家から断たれたからである。その子ヨタムが王宮を治め、国の民を裁いた。(II歴代誌26:16-21)


ウジヤが彼の先祖たちと共に眠ったとき、人々は、彼はらい病に冒されていたからと言って、彼を王たちの所有していた野の墓地に先祖たちと一緒に葬った。その子ヨタムが彼の代わりに治めた。(II歴代誌26:23)

◇ ◇ ◇


ウジヤ王が死んだ年に、私(イザヤ)は、高くあげられた王座に座しておられる主を見た

そのすそは神殿に満ち、セラフィムがその上に立っていた。彼らはそれぞれ六つの翼があり、おのおのその二つで顔をおおい、二つで両足をおおい、二つで飛んでおり、互いに呼び交わして言っていた、「聖なる、聖なる、聖なる、万軍のエホバ。その栄光は全地に満つ」。その叫ぶ者の声のために、敷居の基はゆらぎ、宮は煙で満たされた。

そこで私は言った、「私はわざわいだ。私はもうだめだ。私はくちびるの汚れた者で、くちびるの汚れた民の間に住んでいる。しかも万軍のエホバである王をこの目で見たのだから。

すると、セラフィムのひとりが私のもとに飛んで来たが、その手には、祭壇の上から火ばさみで取った燃えさかる炭があった。彼は私の口にそれを触れさせて言った、「見よ、これがあなたのくちびるに触れたので、あなたの咎は取り去られ、あなたの罪は赦された」。

私は、「だれを遣わそう、だれがわれわれのために行くだろう?」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに私がおります。私を遣わして下さい」。

すると彼は言われた、「行って、この民に言え。『聞け、しかし理解するな。見よ、しかし理解するな。この民の心を肥えさせ、その耳を鈍くし、その目を閉ざせ。自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の心で理解し、立ち返って、いやされることのないために』」(イザヤ6:1-10)


◇ ◇ ◇


(筆者: これは旧約聖書の出来事ではありますが、今日も主の民の全体的な状態はさほど変わりません。この象徴的な事件を通して、私たちは今の時代における全クリスチャンの平均的な霊的状態と、それゆえにこれから民全体に臨もうとしている悲しむべき事態を理解することができるのではないでしょうか。

ウジヤ王の違反に象徴される罪、それは神よりもセルフを高く掲げて、自己に慢心し、高ぶりに満ちた肉による独りよがりの礼拝を神に捧げる罪であり、聖なるものであるはずの神の祭壇の供え物に自己のパン種を混ぜ込み、神の御前に汚れたささげ物を捧げるだけでなく、全会衆の目を神ご自身からそらせ、自分自身に注目させようとする罪、神への礼拝を自己の栄光のために利用し、人(自分)を拝ませようとする罪――これが今日のクリスチャンの大半を覆っている霊的な痛ましい盲目状態です。

しかし、このように平和と繁栄の中でおごり高ぶった会衆の象徴としての「ウジヤ王」が、慢心のゆえに神の裁きによって容赦なく打たれ、全会衆の目の前で滅ぼされる一方で、ウジヤ王に代表される罪が民全体に疫病のように共通して広がるものであることにはっきりと目が開かれ、それを悔い改める預言者イザヤのような者が起こされます。イザヤはレムナントの象徴であり、彼らはウジヤ王と民全体の罪を示されて、それを我が事として、死んだようになって悔い改める一方で、そこから、神の燃え盛る火によって肉なるものを焼き尽くされて、主によって聖別された者とされて、立ち上がります。そうして彼らは聖別されたことにより、ようやく神の御旨を代弁して、会衆に向かって罪を示し、悔い改めを呼びかけることができるようになります。

しかし、その呼びかけに対する民の平均的な反応はどうなのでしょうか。悔い改めの機会が与えられるかどうかは主の憐れみによります。これらの大半の自己の安楽の中でまどろむ民には、悔い改めの機会が与えられないのです。彼らは責められてより一層心を頑なにし、悔い改めを頑迷に拒んで、より主の御旨から遠ざかっていきます。そうして滅びに引き渡されるのです。これは恐ろしいことではないでしょうか。神ご自身が彼らの心を閉ざさざるを得ないほどまでに、彼らが真理に対して心が鈍くなっていたということです。

『聞け、しかし理解するな。見よ、しかし理解するな。この民の心を肥えさせ、その耳を鈍くし、その目を閉ざせ。自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の心で理解し、立ち返って、いやされることのないために』」

こうして、大半の民が悔い改めを拒み、自己の安寧を失うことを望まず、自己の栄光を捨て去ることを望まず、自己を焼き尽くされることを拒んで、より心を頑なにして御旨から逸れていく一方で、隠れたところで、少数ではあるかも知れませんが、すすんで十字架の御下にへりくだり、自己を十字架において徹底的に否んで、自分の冠を最後まで投げ捨てて主の懲らしめを受ける人々、ただ神の栄光だけを求めて、死に至るまでも自分の命を惜しまない、主によって聖別された民が起こされるのです。聖別されるとは、自己の腐敗した古き命に属するものを完全に主によって焼き尽くされて、キリストの新しいよみがえりの命によって生かされることであり、そうして初めて、私たちは主を見る(主にまみえる)のです。

「…また、聖められることを追い求めなさい。聖くなければ、だれも主を見ることができません。」(ヘブル12:14)
「心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。」(マタイ5:8)


PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字









「わたしの愛の中にとどまりなさい。もし、あなたがたが私の戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです。」(ヨハネ15:9-10)

「兄弟たちよ。あなたがたはイサクのように約束の子どもです。しかし、かつて肉によって生まれた者が、御霊によって生まれた者を迫害したように、今もそのとおりです。

しかし、聖書は何と言っていますか。「奴隷の女とその子どもを追い出せ。奴隷の女の子どもは決して自由の女の子どもとともに相続人になってはならない。」

こういうわけで、兄弟たちよ。 私たちは奴隷の女の子どもではなく、自由の女の子どもです。」
(ガラテヤ4:28-31)


(05/14)
(05/09)
(05/07)
(05/07)
(05/02)
(03/20)
(03/05)
(02/28)
(02/22)
(02/17)