忍者ブログ

ウォッチマン・ニーは、信仰とは天の目に見えない預金口座から、目に見える形で預金を現金化することに似ているとたとえた。これを聞いて、何という現金なたとえだろうかと思う人もあるだろう。あるいは、「そんなことが本当にあるはずがない。あれば、誰も苦労しませんよ」と笑う人もあるかも知れない。

ところが、そういうものが確かに存在するのだ。それは、イエスがスカルの井戸で出会ったサマリヤの女に語られた、尽きることのない命の泉である。

「この水を飲む者はだれでもまた渇く。しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」(ヨハネ4:13-14)

このいつまでも絶えることのない命の水の泉、多くの人は、これを単なる比喩か何かだと考えている。命の水、クリスチャンはこの言葉が好きだ。しかし、多くの信者は、本当にそのようなものが存在するとは信じていない。

ところが、それはあるのだ。これは信じる者の内側で起きる御霊の働きである。御霊が、私たちの内側で、まさにとめどなく溢れる命の泉としての働きをなすのであって、それは目に見えない霊的秩序、天的な圧倒的な支配力として、私たちに必要なすべてを供給する。

御霊の命を供給する働き、それは、何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労はその日だけで十分である。」(マタイ6:33-34)との御言葉にもよく表れている。

この命の泉から汲み出すためには、神の国と神の義を第一に追求して生きる必要がある。それは、筆者自身の言葉で言えば、ただ神を心から愛し、神に栄光を帰し、御言葉の正しさを世に証明するために、全身全霊を捧げて、実際に御言葉に生きることである。

私たちの神は、正しい方であるから、神を愛し、その戒めを守って生きるとは、言い換えれば、真実を愛し、正義を愛し、慈しみを愛し、公義を行うことだと言うこともできよう。今、これらの言葉の定義について、長く説明することはしない。

信仰によって、神の御言葉に従い、神が喜ばれる生き方をするために、身を捧げるとき、その人は、天に直接雇用される。そして、その人が生きるための必要のすべてが、この世の方法によらない、不思議な方法で天から与えられる。

このことが、聖霊による命の泉が人の内側から湧き出ることの意味であり、その泉は、ただその人一人が生きるためだけの必要を供給するのではなく、やがて洪水のように溢れ、周囲を潤すようになる。

渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れるようになる。」イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている”霊”について言われたのである。」(ヨハネ7:37-39)

私たちは、この泉を開拓しなければならない。今、筆者が「干潟」にとどまってやっているエネルギー資源開発が、ちょうどそれに当たるが、このように、この世を超越した不思議な方法で、私たちはとめどのない命の流れを汲み出す秘訣を実際に知らなければならない。

当ブログでは、数年前からこのことについて書いて来た。つまり、馬車馬のように生きることをやめ、生活の心配から解かれたいなら、真に正しいと心から信じられる目的のために、自分のすべてを捧げなさいと。御言葉の奉仕者となるために、自分を完全に捧げなさいと・・・。

地上の団体に雇用されて月給をもらっていれば、どんなにその月給が多いように思われたとしても、それは決して一定額を超えることはない。それはいつも人間の予想の範囲を超えず、あなたの必要に応じて変化して、伸び縮みすることもない。

何よりも、その給与では、ジョージ・ミュラーのように、信仰だけによって、5千人の孤児を養うにはあまりにも少ない。すべてが人間の定めた決まり事であり、予想の範囲内から一歩も外に出ず、そこには何一つ不思議も奇跡もない。

だが、信仰によれば、人間の予想の限界を大きく超えて、無からとどめようのない命の流れを汲み出すことが可能なのだ。もちろん、最初からすべてが一足飛びには行かない。だが、あなたはもしも本当に信仰があるなら、ぜひともこの方法を開発しなければならない。そうでなければ、イエスを信じた意味がない、と言っても差し支えない。

さて、こうした結論を当ブログでは何年も前から述べ、また、一部、実際に実行に移しながらも、筆者は今まで、完全には御言葉の奉仕者として生きず、世俗の所属先をかけもちし、バビロン化した経済体系からエクソダスしても完了していなかったゆえ、この命の泉の汲み出し方がまだ十分には分からないまま、現在まで来てしまった。

だが、今や筆者は、資本主義からも、プロテスントからも、本格的に足を洗わねばならないと考え、この度、やっとそれを実行に移すことができたと考えている(これは冗談で述べているのではないため、嘲笑しないでいただきたい)。これらはともに「バビロン」という一つの宗教に組み込まれた複合的な体系なのであり、その呪われた体系の一員として生きている限り、決して人には自由はやって来ないのである。

筆者は長い間、この体系の一員であったので、今やこのバビロンが本当に破滅に瀕していること、早急にそこを出て、真に御言葉の奉仕者として、天に雇用されて生きることによってしか、この先、生きる道がないという時代が到来していることを心から確信している。

当ブログを嘲笑っている人々は、そのような生き方が可能だとは全く考えないだろう。彼らは、筆者がいたずらに自分を王妃エステルや預言者エリヤになぞらえているだけだと言っては、筆者の裁判を嘲笑い、当ブログの信仰の証しを嘲笑して来た。

彼らは、筆者の生き様がこの世の常識から外れているため、筆者はただ破滅に向かって進んでいるだけで、筆者がより頼んでいる神は、筆者を助け得ないと言って今も嘲笑っている。ちょうどノアが箱舟を建設していた頃、人々が彼を嘲笑ったのと同様である。

ところが、結果はどうだったであろうか。神は生きておられ、エステルのように死を覚悟して、筆者が目に見えない王の前に進み出たところ、王は金の笏を伸べて「生きよ」とおっしゃり、筆者に命を提供して下さった。

また、現在も、筆者は、バアルの無数の預言者の前に、たった一人で立ち向かったエリヤと同様、一体、どこからこんなに湧いて来るのかと思うほど、名も知れない大勢の人たちから、夜となく昼となく、向けられる非難や中傷にも、一人で勇気を失わずに立ち向かっている。

筆者のたとえを嘲笑する人々は、このようなことが、冗談でできるはずがないことを知らないのだろうか。

彼らは、自分たちが「バビロン王国」の一員であって、立派な所属先として「バビロン株式会社」に就職していることを誇っている。彼らにとって、それはかけがえのない輝かしいステータスであるらしい。ところが、その国にも、会社にも、やがて間もなく倒産と破滅が決定していることを彼らは知らない。それは沈みゆく泥船であって、その「会社」や「社会」に仕えている限り、誠実な人は、何一つ築き上げることができないのが現状である。

あなたは「バビロン株式会社」の社員として、毎月、雀の涙のような給与と、負いきれない多忙なスケジュールの仕事を任され、それに押しつぶされそうになりながら生きている。その会社は、強欲な幹部や役員らによって支配されているので、あなたの売り上げがどんなに伸び、あなたがどれほど優秀な働きをしても、あなたの給与が増えることはなく、あなたに課せられる任務は、日に日に重くなる一方で、休みさえ満足に取ることができない。

あなたは、その会社の人間関係に疲れ果てるまでがんじがらめにされて、日々、取引先の接待に追われ、休日も携帯電話が鳴って上司に呼び出されることも稀でなく、いつか取れるという有給休暇に憧れているが、なぜかそれを取得した経験がない。賞与などというものも、約束されていたはずだが、一度も受け取ったことがない。むろん、昇進もするはずだったが、なぜかずっと平社員にとどめおかれている。

約束されていた夢のような待遇は、どれもこれも実現したことがないし、最も恐ろしいことに、当初は終身雇用と言われていたはずだが、今や雇用契約は一カ月ごとの更新である。給与も、当初は年俸制だったはずだが、すぐに月給制に変わり、今や時給制になっている。あなたは毎月、生きた心地もしないが、そうなったのは一体、なぜなのか、真剣に考えてみたこともない・・・。

ルターは、ピラトの階段を膝でのぼるうちに、このような精進を通してしか、人が罪赦されて聖化されて神に近づくことはできないというカトリック教会の教え全体が、全くのまやかしでしかないことに気づいて、その苦行を放棄した。

我々が生きるのは、自分の力で階段を上って精進するからではない。「義人は信仰によって生きる」(ヘブル10:38)からだと気づいたのである。

この御言葉が真実ならば、信仰は、我々が生きるためにすべてを供給するまことの命に直結しているはずである。すなわち、ただ一人の命なるお方が、私たちのためにすべてを成し遂げて下さったと信じることこそ、私たちのすべての必要が満たされる根拠なのだから、膝で階段を上るという苦行によっては、人が自分で自分を救うことはできず、自由も解放も得られないのは当然である。

この世で今、多くの人々が獲得しようともがいている安定や、社会的成功は、まさにこのピラトの階段を膝で上るのと同じ苦行でしかない。はた目には、成功例も、あるように見えるかも知れないが、その階段には終わりがなく、上に上って行くためには、あなたは今よりもさらに多くの理不尽な苦悩を耐え忍ばなくてはならない。そして、上に行けば行くほど、ますます解放されるどころか、自由がなくなり、あなたは自分の良心を殺して生きなくてはならなくなる。

さらにもっと言えば、ピラトの階段を上まで登りつめれば、待っているのは死だけであって、そこには約束された自由も解放もない。それはすでにイエスが私たちの代わりに上って下さった階段であって、その先にはゴルゴタの十字架がそびえたっているのであって、私たちはイエスと共にすでにその階段を信仰によって上り切ったのであるから、再びその苦行を身に負う必要はないのである。

従って、あなたが真に健全に、自由に、豊かに、幸せに生きたいならば、この階段を上に上るのではなく、できるだけ早くそこから降りて、このようなまやかしとは無縁の人生を生きなくてはならない。このような階段を他者と競争しながら、誰よりも早く上へと上って行くことが、あたかも正しい人生であり、成功であるかのような幻想と錯覚を、愚かしい誤謬として、一刻も早く捨て去らねばならない。

これが、資本主義とプロテスタントからのエクソダスの意味である。それは双方ともにヒエラルキーに組み込まれて、自分よりも上の階層に位置する人間に利益をもたらすための道具として生きることを意味し、エクソダスはそのような生き方自体をやめるという意味を持つ。
 
さて、天的な命の法則性を確かなものとして習得するために、このような生き方を選ぶことを、当ブログでは、少し前から宣言して来た。昨年の初め頃から、筆者はソドムとゴモラと化したこの地に嫌気がさしたので、ここから脱出するという考えを繰り返し述べて来たが、その脱出は、筆者がどこか地上の別な町へ逃れることを意味するのではなく、ただ地から天へ向かって逃れることを意味した。

筆者は、予めバビロン王国からの国外亡命の準備を整えていたので、まずはエクレシア王国の住人としての永住権を取得し、さらに、亡命後、安定した雇用からあぶれなくて済むよう、エクレシア会社に終身雇用されるための入社手続きも済ませておいた。
 
そして、ある日、信仰と名付けられた飛行機に乗って、ソドムを脱出したところ、離陸の際、バビロン王国とは、全体が一つの高い塔であって、ピラトの階段は、この塔にからみつくように、地上から天に届くほどまで渦高く続いている様子が見えた。ああ、あんなにも長く果てしない階段を膝で登らされようとしていたのかと分かり、そんな不可能事を可能であるかのように教え、自分をそこまで騙したバビロンへの失望と幻滅はさらに募った・・・。

さて、エクレシア王国に着いて、前もって入社しておいた会社へ挨拶に行くと、社長自らが出迎えてくれて、歓迎会を開いてくれた。「エクレシア無限会社」に就職するときには、入社時にただ一人の慈悲深い社長のもとで、社長に栄光をもたらす働きをするためだけに、終身雇用となる契約書にサインを求められる。

社長は言った、この会社では、すべての社員が、社長の直属の部下であるから、上司は、ただ一人しかいないのだと。そして、ダブルワークは禁止されているから、他の社長のためには、二度と働いてはいけないと。

実際に、この会社には、あの頭痛しかもたらさない尊大で横暴な幹部は一人もいなかった。同僚もいるはずだが、一人一人が全く違う部署にいて違う働きに従事しているため、競争や妬みが発生することもない。
 
不思議なことに、雇用契約書には、サラリーの規定がなかった。なぜなら、この会社では、社員のサラリーは、社員の必要に応じて、変化するからである。そして、サラリーという言葉の語源が塩であると同様、一人一人の社員の仕事も、「地の塩」としての役目を果たすことである。
 
 社長は、エクレシアへ脱出してきたこと自体が、あなたの果たした最初の仕事であると労をねぎらってくれ、最初のサラリーも、すでに見えない給与口座に払い込まれていると教えてくれた。
 
手渡された給与明細を見ると、そこには、「罪人の富は神に従う人のために蓄えられる。」(箴言22:13)と書いてあり、それは、地上の人々の言葉では、判決という名で呼ばれていると告げられた。

社長は述べた、この会社では、すべての社員のサラリーは、必要に応じて十分な額が支給されることになっているが、それはいつも支給される時期も形態も異なる。ただし、常に目に見えない給与口座に振り込まれる仕組みになっているので、それを天の銀行で、「現金化」して持ち帰ることも、社員の重要な仕事の一つである。だが、それには困難も伴うことを覚えておいてもらいたい。仕事が常に容易だなどとは決して思わないでもらいたい。だが、信仰によってすべてを乗り越えられると信じなさい。あなたがそうしてミッションを果たすことにより、天には栄光がもたらされる・・・。
 
さて、最初のサラリーを現金化するこの作業がどのように成し遂げられるかを、読者はよく見ておいて欲しい。この世の人々は、筆者の述べていることは、愚かしいたとえ話でしかないと考えて笑うかも知れないが、これは決してたとえ話などではないからだ。

ウェーバーなどを引き合いに出すまでもなく、この世では、実はキリスト教の最先端の信仰回復運動こそ、目に見えない圧倒的優位を誇り、政治体制のみならず、経済をも支配してきた。それは、ピラトの階段を上る者こそ出世するというのが、この世の掟だからであって、それゆえ、この階段を上ったと自負する聖職者階級が、今日に至るまで、この世で最も大きな力を誇っているのは何ら不思議ではない。むろん、プロテスタントの牧師階級もその一部である。

プロテスタントの牧師たちは、信徒とは異なり、教会で俸給をもらい、特権的な地位についている。だが、何ゆえ、彼らと信徒との間に、そのような「格差」が生じるのかと言えば、それもピラトの階段ゆえである。牧師たちは、フルタイムで献身する御言葉の奉仕者を名乗っているゆえ、信徒よりも霊的に一段上の階層に立っているのである。

すなわち、この世の人々は、世俗の仕事に従事しており、世俗に生き、御言葉への献身度が低いために、牧師に比べて罪人であるから、その罪人らが月曜から金曜までフルタイムで汗水流して働いた労働は、牧師たちに捧げられ、彼らの俸給となるのは当然だというわけなのである。
 
筆者は、こんな理不尽かつ愚かしい制度に何ら賛同するつもりはないが、少なくとも、そこにも、「罪人の富は神に従う人のために蓄えられる。 」という見えない法則が働いているのは確かなことであろうと思う。

このような制度を見ても、いかに神の御言葉を独占的に扱う者(御言葉の奉仕者)が、この世において、歴史時代や、国境や、制度を超えて、御言葉に奉仕しない他者に比べて、圧倒的な優位を占めて来たかが、垣間見えると言えよう。

だが、御言葉の奉仕者になる資格は、今日、信じる者には誰でも与えられているのであって、なおかつ、我々は、ピラトの階段を自力で上ることによって、ヒエラルキーの階段を上って行く必要はない。むしろ、信仰によって、この階段をはるか足の下にして、命の御霊の法則に従って、圧倒的な自由と解放を掴んで生きることが可能なのである。ただし、そのための唯一の手段は、「神の国と神の義を第一として生きる」こと、すなわち、「地の塩」としての役目をきちんと果たすことである。
 
このように、「天に直接雇用されて生きること」は、あらゆる時代の信仰の先人たちの証しを見ても、彼らに共通して必要なステップであったことが分かるだろう。ハドソン・テイラーなどもそうであろうが、多くの宣教師たちは、任地へ赴いた後、自分たちを任地へ派遣した所属団体を離れた。それは、組織に所属していることによって、必ず、心のしがらみが生じることを知ったからである。その後、彼らは、所属団体から俸給を受けとることによってではなく、天から直接、俸給を受けることによって生きることを余儀なくされ、それゆえ、信仰を試された。

今日も、神に従って生きる人々にとって、これは避けては通れない学びの一過程であると、筆者は考えている。

さて、今はバビロン王国を脱出したことにより、とりあえず最初のミッションを果たしたので、しばし休息が必要である。慣れない飛行機に長時間座るのは、やはり緊張が伴い、それなりの苦労もある。これから、次回以降の記事で、天のサラリーをいかにあらゆる困難を乗り越えて「現金化する」かという具体的な作業について、書いて行くことにしたい。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字










「わたしの愛の中にとどまりなさい。もし、あなたがたが私の戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです。」(ヨハネ15:9-10)

「兄弟たちよ。あなたがたはイサクのように約束の子どもです。しかし、かつて肉によって生まれた者が、御霊によって生まれた者を迫害したように、今もそのとおりです。

しかし、聖書は何と言っていますか。「奴隷の女とその子どもを追い出せ。奴隷の女の子どもは決して自由の女の子どもとともに相続人になってはならない。」

こういうわけで、兄弟たちよ。 私たちは奴隷の女の子どもではなく、自由の女の子どもです。」
(ガラテヤ4:28-31)


☆☆みなさまへ☆☆
当ブログに対して長期で行われている嫌がらせ事件は、只今、刑事事件として捜査が進んでいますが、某所で悪質な記事やコメントの投稿が続けられているため、犯人に関する重要情報をお持ちの方は、ぜひ神奈川警察署刑事2課へ通報ください。当ブログに関する物騒かつ悪質な記事やコメントを見つけられた方もふるって通報して下さい。

メールの提供、写真、個人情報の提供を大いに歓迎します。特に、直近になされているコメントについても、投稿者の個人情報(所属教会、氏名、勤務先情報、連絡先)をご存じの方は、ぜひ詳細にお伝えくださいますよう。情報源を明かすことはありませんのでご安心下さい。県警ではなく、神奈川署ですのでお間違いなく。045-441-0110
(07/14)
(07/06)
(07/05)
(07/05)
(07/05)
(07/02)
(06/29)
(06/27)
(06/21)
(06/07)