忍者ブログ

これは東洋からの風の便りIIIの2012年3月9日の記事「杉本徳久氏への公開書簡」の転載である。 当時、杉本徳久氏から筆者に送られて来た恫喝メールは複数あるため、以下に一つ一つ公開して行く。まずは次のものから。
   
2010年10月5日付   杉本氏が唐沢氏に提訴の報告を求めヴィオロンの記事を罵倒したメール
2010年10月17日付 杉本氏が唐沢氏の提訴予告について進行状況を報告せよと恫喝したメール
2010年11月20日付 杉本徳久氏が唐沢氏の提訴予告について謝罪を要求した恫喝メール
2010年12月8日付   杉本徳久氏がヴィオロン、唐沢氏、山谷少佐に提訴を催促した恫喝メール
2010年12月15日付 杉本氏がヴィオロン、唐沢氏、山谷少佐に記事削除を求めた恫喝メール
2011年12月6日付   杉本氏がヴィオロンの個人情報を特定して恫喝して来たメール
2011年11月28日付   杉本徳久氏が、唐沢氏とヴィオロンに送りつけた恫喝メール
2012年1月1日付    杉本徳久氏がヴィオロンの個人情報を晒すブログ記事を示した恫喝メール
2012年1月22日付 杉本徳久氏がヴィオロンに実力行使に出ると恫喝したメール
2012年3月8日付  杉本徳久氏がヴィオロンに期限を切ってブログ削除を要求した恫喝メール
2012年3月9日付  杉本徳久氏からヴィオロンの返答に対する罵倒と恫喝のメール
2012年3月10日付   杉本徳久氏がヴィオロンに自分を提訴せよと恫喝して来たメール

2016年4月25日付 杉本徳久氏がメールフォームから投稿した恫喝メール
2016年4月30日付 杉本徳久氏がヴィオロンへの提訴をほのめかした恫喝メール
2016年5月2日付   杉本徳久氏がヴィオロンを提訴してやると恫喝したメール

     
なお、杉本氏のメール本文は紫字、ヴィオロンの注釈は黒字、個人名は〇〇に変えてある。メールの文面からは、いずれも杉本徳久氏という人の思考パターンやその主張の特徴がよく理解できる。

以下の記事は、2012年3月8日付の杉本徳久氏の恫喝メールに対するヴィオロンの回答。
本記事に対する杉本徳久氏の応答は以下の通り。
 2012年3月9日付 杉本徳久氏からヴィオロンの返答に対する罵倒と恫喝のメール



杉本徳久氏へ

本日、「明日、金曜いっぱいまでに削除されない場合」と題するあなたからのメールを拝受いたしましたので、この場を借りてご返答申し上げます。

杉本さん、あなたはメールの中で、私の書いた三つの記事を、本日、3月9日(金曜日)いっぱいに削除するよう要求し、もしも私があなたの指定した期日内にこれらを削除しなかった場合、次の犯行に及ぶ用意があると記しておられます。

「十分、機会はご用意しましたし、十分な期間もとりましたが、なお、お考えが変わらないようならば、あなたの実名を公開し、あなたの住所、あなたの実家の住所などを調べて内容証明、書留郵便を送るべく準備にはいります。」

「その後のあなたに降りかかる不利益は全て自ら招いたこととしてあなた自身が引き受けることになります。」

これらの文章は、もしも私が記事を削除しなかった場合、あなたは無断で私の個人情報を公表するという違法行為に及ぶだけでなく、私の関係者に対しても迷惑 行為を行い、それ以外にも、さらに私に不利益をもたらすような犯罪行為に及ぶつもりであるという意図を明確に示していると受け取れます。

杉本さんは、これまで幾度にも渡り、私の実名を無断で公表するとの脅迫のメールを送って来られました。そこで、あなたは、ご自分の指定された期日内に私が記事を削除しなければ、「私もあなたの実名を記し、卒業したあなたの大学などに問い合わせするなど、可能な対応をとらなければなりません。」などと書いておられます。

このような犯行予告と言っても差し支えない、他人への害意を記したメールを送ることが、脅迫という罪に当たることをあなたはご存じないのでしょうか。

もしもあなたが私の実名を無断でネット上に公開されるならば、あなたは法的に罪に問われることになるでしょう。それにより、今まであなたやあなたのブログのコメント者が私に向けて書き記したいわれのない非難が全て実名による名誉毀損として罪に問われることになるからです。もしもあなたが私の関係者にまで迷惑を及ぼさ れるようなことがあれば、他にもさまざまな犯罪が成立することになりましょう。

なお、杉本さんが削除するよう要求しておられる私のブログやホームページは、サムライファクトリーの正式な認可を得た上で私が掲載しているものです。

杉本さんはこれまで二度に渡り、私の記事についてサムライファクトリーに送信防止措置の要請を行われました。一度目は私の回答が期日を過ぎたため、一旦、 ブログとホームページが削除されるという結果になりましたが、その後、私はあなたの二度目の掲載削除の要請を受けて、二度に渡るあなたの訴えが双方とも事実に基づかないものであり、掲載削除の必要性を裏づけるだけの正当な根拠が存在しないことを、サムライファクトリーに宛てて正式に通知いたしました。

私の申立内容の真実性がサムライファクトリーに認められたため、上記のブログやホームページは今も掲載を許可されています。それにも関わらず、杉本さんがサムライファクトリーの判断を尊重せず、メールによる個人的な脅迫という方法を用いて、これらの記事を削除するよう未だ私に圧力をかけておられることは重大な違法行為に相当します。

杉本さんがブログやメールを通して私に対して行って来られた違法な嫌がらせは長きに渡っており、深刻かつ悪質なものであることから、今後、本件には主として警察を通じて対応いたしますこと、ご承知おき下さい。

(なお、あなたが私に対する権利侵害を行うことを予告しておられる今回のメールは、あなたがブログを掲載している管理会社へも送付させていただきます。)
  
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字









「わたしの愛の中にとどまりなさい。もし、あなたがたが私の戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父の戒めを守って、わたしの父の愛の中にとどまっているのと同じです。」(ヨハネ15:9-10)

「兄弟たちよ。あなたがたはイサクのように約束の子どもです。しかし、かつて肉によって生まれた者が、御霊によって生まれた者を迫害したように、今もそのとおりです。

しかし、聖書は何と言っていますか。「奴隷の女とその子どもを追い出せ。奴隷の女の子どもは決して自由の女の子どもとともに相続人になってはならない。」

こういうわけで、兄弟たちよ。 私たちは奴隷の女の子どもではなく、自由の女の子どもです。」
(ガラテヤ4:28-31)


(05/14)
(05/09)
(05/07)
(05/07)
(05/02)
(03/20)
(03/05)
(02/28)
(02/22)
(02/17)